沖縄旅行の計画を立てる際には天候も頭に入れておこう

沖縄は天候が変わりやすい地域です。旅行の際は天候のことを頭に入れて行動しましょう。 - 沖縄旅行の計画を立てる際には天候も頭に入れておこう

沖縄旅行の計画を立てる際には天候も頭に入れておこう

yukykuf
レンタカーを借りて沖縄旅行で観光名所をいろいろ巡ろう。
そんな楽しい旅行を計画しているかもしれません。ですが、その計画が実行できるかどうかは、その日の天候次第です。
沖縄の天候は海に囲まれた土地柄、非常に天候が変わりやすく、晴天のイメージと異なり実際には雨や台風が多いのが特徴です。そのため悪天候時や台風の時、また晴天の時など、旅行を楽しむために、いろいろ対策が必要です。

沖縄旅行と台風シーズン

沖縄旅行の日程に台風がバッティングしてしまった。
そんな事になってしまえば、飛行機は欠航してしまったり、また飛行機だけ運行しても、沖縄で台風に直撃なんて可能性もあります。そうなれば、海に近づくのはもちろん、屋内の観光施設やバスやどの公共機関もすべて臨時休業となってしまいます。そうなれば、ホテルで台風が通り過ぎるのを待機するしかありません。
せっかくの沖縄旅行ですから、台風シーズンにわざわざ予定を組まなくてもズラせばいい。
そんなふうに考える人もいるでしょう。
台風のシーズンは10月前後、そんなイメージもあるかもしれません。
ですが、沖縄ではほぼ年中台風がくる可能性がありますし、1番台風がくる可能性が高いのが7〜9月の期間です。
まさに夏休みの真っ最中で、沖縄旅行の申し込みはピークの時期に重なっているのです。
なので、学生や社会人だと夏休みなどを利用しないと、なかなか連休を取るのは難しいですよね。
ですから、沖縄旅行を申し込んだ日程に、台風がくるかどうかは、まさに運しだいだと言えるでしょう。

悪天候時の運転は注意が必要

また台風以外にも集中豪雨や、突然の雨など、沖縄では頻繁に起こります。
そのためレンタカーを借りて運転中に、悪天候になってしまう可能性もあります。
悪天候時の方が事故が発生する可能性が通常時と比べて高くなります。
特に沖縄は道路が雨に濡れると非常に滑りやすい石灰岩の道路なので、悪天候の運転は非常に危険です。
さらに車線変更に合図はしない、本土と比べてスピードを出さないなどのローカルな運転ルールも存在するため、沖縄の運転に慣れないうちは、くれぐれも無理をしない事が大切です。
特に海沿いの道を走る時には、高潮や土砂崩れ、落石などのリスクがあるため、泳げないなら、せめて海を見たいなんて理由で悪天候時に海に近づくのは絶対に避けて下さいね。

晴天時にも注意が必要?

台風や悪天候時に注意が必要だという事は分かります。
しかし沖縄旅行で晴天になれば、まさに願ったり叶ったりの状況のはずです。
どんな注意が必要なの?そう思うかもしれません。
ですが、沖縄は本土とは異なり気温と湿度が高い亜熱帯気候に属しています。
また紫外線も年間を通じて非常に強いため、熱中症対策や紫外線対策を必ず行うようにして下さい。
小まめに水分と塩分を摂取しましょう。
そして紫外線は、日焼け止めクリームを塗る、帽子とサングラスをするなど、本土だとやり過ぎかなと思うぐらい完全防備の対策を行いましょう。
気分が悪い、眩暈や頭痛がする、皮膚がヤケド状態でヒリヒリする。
そんなトラブルが発生した場合は、無理せず休む事が大切です。そして、休むだけでは無理そうな場合は旅行先でも病院を探して行くようにして下さい。旅行中だからと我慢をして、状態が悪化する事で、もっと大きなトラブルに発展するリスクがあります。
旅行中の危機管理として、トラブルが起こる前に予防する事が1番重要ですが、起きてしまったトラブルに関しては、二次被害にならないよう、トラブルを最小限にとどめる事が重要です。
yjtdkudt

沖縄レンタカーサイト

沖縄レンタカーの料金が気になるかたはこちらのサイトを参考にレンタカーを選んでみましょう。
沖縄 レンタカー
http://xn--lckwb3h2azcy453aw75btq1aw4b.jp/

沖縄レンタカーサイト紹介
Copyright(C)2016 沖縄旅行の計画を立てる際には天候も頭に入れておこう All Rights Reserved.